躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れる

男性

治療の目的

医者と看護師

まずは病気を知る

躁鬱は、その名の通り一見元気に見えて仕事もはかどる躁状態と、落ち込んで元気がなくなる鬱状態の症状が交互に現れる病気である。気分の良い日と悪い日があるのは誰でもあることだが、躁鬱は限度を超えて極端すぎる性格になってしまうのである。原因には脳内の伝達物質の異常があげられるが、遺伝や環境などの関係で発症する人と発症しない人が居るがきっかけの多くはストレスによるものになる。躁鬱は落ち込んでいる時があっても元気が良い時もある為、病気だと気付かずに症状が進行してしまうことがある。また、一度良くなったと思っても再発するというリスクもある。その為、病院で適切な治療を受ける必要があるが、躁鬱の場合自分が病気だとは思えない人が多く病院に行くのを躊躇してしまうのである。病院に行くのが遅れると一時的に治ったと感じても、再発する間隔が短くなって現れたりする。病院では気分安定薬や向精神薬など薬物による治療が主になるが、体がどこも悪くないのに薬を飲む意味が分からないと投薬を勝手にやめてしまうケースも少なくないのである。体が悪いのではなく脳内の情報伝達器官に異常がある為、薬をしっかりと飲み続ければ自分の思うように体や感情をコントロールすることが出来るのである。

再発予防に努める

躁鬱はしっかりと治療すれば比較的治りやすい病気ではあるが、再発もしやすいため一度良くなったらどう再発を防ぐかが鍵を握っている。治療する目標としては、再発を防ぎながら普通に問題なく社会生活が送れるようにすること、感情をコントロールして苦痛や不安を減らすといったことがあげられる。躁鬱は症状が出てからすぐに治療が始められれば患者の負担も少なく症状も改善しやすく一番良いのだが、多くの人は放置しながら仕事を続けてしまうのである。放置すればするほど職業生活でも問題を起こしたり、信頼を失うようなことになって辞めらざるをえない状況に陥るなど悪循環になってしまうのである。躁鬱の患者にとっては躁状態の症状は軽く捉え、うつ状態の症状は重く捉える傾向にあるが反対に患者の周りに居る家族や同僚などはうつ状態の症状は軽く捉え、躁状態の症状は重く捉えるなど病気をしている本人とその周りでは意見が食い違うことがしばしばある。その為、患者とその周りにいる人達、家族、医者による共同サポートが重要になってくるので、そのどれかが欠けても治療は難航してしまうのである。躁鬱の治療は患者一人のものではなく家族にとっても大事な治療になるのである。

Copyright© 2016 躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れるAll Rights Reserved.