躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れる

男性

適切に診断してもらう

男性

症状の見分け方

躁鬱は気分が上がる躁状態と気分が下がる鬱状態が入り混じっている状態の病気であるが、躁状態がどんなものであるか把握しにくいこともうつ病と判断しにくかったり病院の受診が遅れる原因にもなっている。鬱状態は気分が落ち込みやる気が出ないといったネガティブな要素を含んでいるが、躁の場合は逆に元気に見える。だが、元気そうに見えるだけであって本人は実はかなり無理をしていて、プレッシャーや焦りを感じているため躁状態が続くとどっと疲れたりイライラが募ったりするのである。患者自身躁状態の時の症状には気づきにくいが、見分けるにはいくつかのポイントがある。自分が偉く、何でもできる人間であると考えたり、睡眠が短時間なのによく眠れたと感じて活発に動いたり、普段と違って知らない人に対してもかなりおしゃべりになったり、やり始めたことを最後までやる前に重要でない別の新しいことを始めてしまったり、多額を投資したり買い物に充てるなど良くない結果を招くお金の使い方をしてしまうことなどがあげられる。これらの躁状態の高揚したような症状が最低4日から1週間以上続いたりするのであれば、ただ気分が良いのではなく躁鬱である可能性が高くなるのである。

受診させる方法

怪しい症状があればとにかく早めに受診するべきであるが、困ったことに躁鬱の場合極端に病院に行きたがらない人が多いのである。躁鬱が病気だと思えないという理由が一番にあるが、病院に行ったとしても医者の言っていることが信用できなかったり薬を飲むことに抵抗があることも考えられる。病気ではないと思い込んでいる人を病院に自然に連れていくには、本人に病気だから診てもらうために受診するのではなく本人の症状の辛さを理解して少しでも苦痛を和らげるために受診することを伝えるべきである。病気だから早く病院に行かないと手遅れになる、症状が悪化して手が付けられなくなるかもしれないなど脅したり本人の不安を助長したりする発言はネガティブな方に作用してしまうため、なるべくポジティブな発言を心がけるべきである。病院に行けば治療を受けなければならない、と思わせるのではなく、専門的な知識を持った医者に話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなって苦痛が少なくなるかもしれないということを理解させることが大事である。もし、説得が難しいのであれば1カ月経っても調子が良くならなかったら病院に行くなどある程度期間を設けて病院に行くのを促すと良いと言われている。

Copyright© 2016 躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れるAll Rights Reserved.