躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れる

男性

躁と鬱が交互に出現

悩む男性

診断間違いが多い

躁鬱病は現在、躁と鬱を繰り返して発症してしまう二極性の障害といった意味で二極性障害と呼ばれています。鬱状態だけが起こってくる単極性の鬱病と、この双極性障害は病院で明確に分けられていて、発症するメカニズムも違い、病院での治療方法も大きく違っています。実際には病院で単極性の鬱病と診断されても、かなりの割合で双極性障害を発症している人が多くいます。双極性障害には二つのタイプがあることが知られています。一つははっきりと躁状態と鬱状態が出てくるもので典型的な躁鬱病のタイプ、もう一つははっきりと起ってくる鬱状態と軽い躁状態を示すタイプに分けられています。前者を双極1型障害と呼んで、後者を双極2型障害と呼んでいます。双極1型では病院へ入院することが必要になってきますが、2型のときは躁状態が軽ければ病院への通院だけで治療を行うことも可能になっています。躁鬱を伴う双極性障害は原因がまだ不明なままですが、家族内に発病してしまうことも多くあり、何らかの遺伝的な要素があるのではないかと考えられています。また、アルコールや薬物などの依存を伴うことが多く、自殺をする人の割合も多くなっているのが特徴になっています。

鬱の状態を減らす

双極2型の場合は軽い躁状態を伴います。診断するときに鬱の状態が目立つために単極性の鬱病と診断されやすくなっています。病院で単極性の鬱病と診断されてしまって、抗うつ薬を投与されてこの病気が悪化してしまう原因ともなっています。病院では単極性のうつ病であれば抗うつ薬が、双極性障害であれば気分安定薬が処方されることになります。病院で診断を間違えてしまって、全く別の薬を処方されれば病状の悪化を引き起こしてしまいますので、受診するときには精神科などの専門医がいる病院で診断をしてもらうようにしてください。またそれぞれ個人で躁鬱の状態の出方が違ってきますので、自分がどのような状態が一番いいのかを把握してもらい、薬の量や使用方法を各人で決めていかなくてはなりません。個人で差が出てきてしまう病気になりますので、医師と話し合ってしっかりとした診療計画を立てることが大切になってきます。双極性障害の多くの人は長い間その大半を鬱状態で過ごしています。従来は躁の状態を抑えてしまうことが治療の中心でしたが現在では、自殺防止の観点やよりよい生活を送るために鬱の状態をいかにして減らしていくかということが、治療の中心となっています。

Copyright© 2016 躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れるAll Rights Reserved.