躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れる

女の人

躁と鬱が交互に出現

悩む男性

躁鬱病である双極性障害は病院で単極性の鬱病と診断されてしまうことも多くあり、間違った薬を投与されて病状を悪化させてしまうこともあります。正しい診断を出してもらうために、専門医がいる精神科などの病院で診察を受けることが大切です。

この記事を読む

精神病と闘う

花

現代社会に潜むストレス

現代社会は、ストレスがかかりやすい状況を生み出しつつあります。昔より精神的プレッシャーがかかりやすく、その結果精神障害、自殺、恐怖症などに陥ってしまう人も増えています。精神病気の種類も多様化し、今では驚くほどたくさんの病名が存在します。それほど人の心は複雑になってきているのです。代表的なものには鬱があげられます。通常鬱は治るまで時間がかかり、また悪化すると最悪の場合命を絶ってしまうこともあります。しかし現代では誰もが例外なくこのような病気になってしまうのです。鬱になる一歩手前の段階として、躁鬱というものも存在します。なんだかやる気が出ない、気持ちが安定しない、と思うことがあればそれは躁鬱かもしれません。注意したいのは、躁鬱の自覚がないまま放っておくこと。本当に立ち直れないくらい本格的な鬱になってしまうかもしれません。さらに、躁鬱などの病気は定義が曖昧であり、しっかりと病院でみてもらうことが大切です。病院へ行かずに自分で判断してしまうことは最も危険です。早期発見し、症状に重くなる前に治すこと。少しでもおかしいと思ったらすぐに病院へ行くことをおすすめします。また、知り合いにそのような人がいれば、気づかせてあげるのもその人を救うことになります。一般にそのような理由で病院に行くことは抵抗があるかもしれませんが、今は専門家に気軽に相談しやすいシステムもあり、精神病への世間の対応も少しずつ変わってきています。

症状から抜け出す

ではどのような症状があると躁鬱の可能性があるのでしょうか。これは本人の元の性格も関わるので判断が難しいです。主に、急におしゃべりになったり、異常に活動的であったり、偉い人になった気分になるなどが躁鬱の症状です。鬱とは正反対であることが特徴です。一見するとプラスの要素ばかりにみえますが、これらの原因は喪失感や自信のなさによるものです。自分がマイナスの状態であることを認めたくなくて、ちょっとしたことで根拠のない自信を作り上げるのです。そしてあたかも自分は凄い人であるかのように振舞います。しかし実際はそんな人ではないのが自分でわかっている為、少しのことでまたどん底へと落ちていきます。この気分の差が躁鬱です。この状態は非常に危険で、場面で誤った判断をしたり、重大なミスを犯すことが考えられます。何ともないようにみえても、その精神状態はパニックを起こしています。だからこそ自分では気づきにく厄介なのです。この浮き沈みがだんだんものすごいストレスをかけていき、最終的に常に沈んだ状態を作りだすことになります。こうなって初めて病院に来る人が多いのです。しかし、躁鬱は正しい方法で治すことができます。先ほど述べたように精神病は誰でもなってしまう可能性があります。それは決してその人が悪いからではなく、脳の伝達物質に異常が起きているからです。まずはリラックスし、心と体のバランスをとることです。そしてゆっくり自分と向き合います。悪いところも、一度認めてしまえば真の自信を得ることに繋がります。こうして本当の自分を見つけ出すことで、これまでが嘘のように人生は開けだすのです。

双極性障害を治療する

女性

躁鬱は生命の危機にまで至る恐ろしい病気です。悪化する前に心療内科や精神科を持つ病院にてしっかりとした治療を行い、再発を防ぐことが良いです。病院ホームページで医師の経歴や評判が確認できるため、予め調べて受診することが良いでしょう。

この記事を読む

治療の目的

医者と看護師

躁鬱は躁状態と鬱状態が交互に現れる病気であるが、常に鬱状態ではないため病気と理解できずに治療が遅れてしまうケースが多いのである。早めに病院で治療を受けることで社会生活が普通に送られるようになり、感情をコントロールして再発も防げるがそれには患者と医者だけでなく家族の全面的なサポートも必要である。

この記事を読む

適切に診断してもらう

男性

躁鬱を見分けるには、鬱状態よりも躁状態の症状に焦点を合わせ、普段とは違うような状態や常軌を逸した行動をしっかりチェックする必要がある。病院に行かせる時は、ポジティブな発言で説得し、症状を話すことで気持ちが軽くなることを伝えるか、説得が難しい時は期間を設けて受診を促すべきである。

この記事を読む

Copyright© 2016 躁鬱は気まぐれな病|テンションの違いで自分も周りも疲れるAll Rights Reserved.